企業型確定拠出年金の仕組みをおさらい

企業型確定拠出年金の制度

企業型確定拠出年金とはどんな仕組みなのか

企業型確定拠出年金をご存じでしょうか。企業に勤めてみて、初めて企業型確定拠出年金の制度があることを知ったという方もおられるかもしれません。この企業型確定拠出年金とは、企業が自社の従業員のために設けたいわゆる福利厚生制度です。
つまり企業型確定拠出年金を設置している企業に勤めた人には、自動的に利用して良い制度です。企業型確定拠出年金は、簡単にいえば企業が拠出した資産を従業員が運用して、その資産配分を自己決定し、その結果が退職時の退職金やその後の年金に影響するというもの。従業員自身が自分の未来に向けて、企業の掛け金を使って勝負するというような制度なのです。
もちろん企業が掛金を準備するなど、企業側が決めることは多々あります。運用を管理する金融機関の選定、毎月拠出する掛金、資産運用に必要となる口座の手数料などはすべて企業側が負担しています。従業員は運用する商品を選び、配分割合を決定するのみ。
しかも給与の上乗せで受け取れば税金が差し引かれますが、掛金ですから税金対象外。賢い利用方法や選択を選ぶだけで、自分の将来を安泰に導けるシステムなのです。
とはいえ、リスクもあります。選ぶ商品によっては元本割れを起こし、予想していた以上の損失を受けることや、年金や退職金が大幅に下がってしまうことも。
また企業型確定拠出年金を採用している企業間の転職なら対応できても、採用していない企業へ再就職した際には、これまでの拠出が無駄になってしまうことも。
そんな企業型確定拠出年金の仕組みについて詳しくご紹介します。

TOPへ戻る