企業型確定拠出年金の仕組みをおさらい

企業型確定拠出年金の制度

>

しっかり備えて将来を安泰に

企業型確定拠出年金とは

企業型確定拠出年金は、企業型DCとも呼ばれる年金資産の運用方法です。企業が掛け金を毎月積み立てて拠出し、従業員がそれを運用するというもの。企業によって、従業員が自動的に加入するという場合もあれば、加入するかどうか自己選択することが出来る場合もあります。
企業型確定拠出年金のメリットは、掛け金を様々に運用できるところにあります。例えば金融商品を決めることや、掛け金を使って資産配分を検討することもできます。自分の使いたい方法で運用を決められるというのが特徴です。
ただしデメリットもあります。例えば企業型確定拠出年金は、年金と名の付く通りに60歳を超えるまでは引き出せないのです。退職時になるまでは積み立てるのみ。
近年では60歳定年制度も変化しているため、この引き出し期間も変化しており、確認しておくことが必須です。

金額は決められている

企業型確定拠出年金の特徴は掛金が決まっていること。この制度で掛金の上限が決められています。ちなみに会社での役職によって掛金は違いが生じます。例えば厚生年金基金や確定給付企業年金などの企業年金がある場合、その上限は月額2万7,500円、無い場合でも月額5万5,000円とその上限が決められており、それを超えることは許されません。
加えて企業型確定拠出年金では、運用は従業員に委ねられている特徴があります。同じ境遇の同僚同士でも、運用方法の成績が異なれば、退職金も年金額も違う可能性があるということです。つまり人任せにせず、自分で運用方法をしっかり吟味していることで、他の同僚よりも安心した老後を迎えることもできるということでもあるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る