企業型確定拠出年金の仕組みをおさらい

企業型確定拠出年金の制度

>

制度によって安心感を上乗せ

マッチング拠出制度を知っておくこと

企業型確定拠出年金では仕組みだけでなく運用方法も把握しておくことが大切です。その方法を知っているかどうかによって、同僚よりも高い退職金や年金を受け取ることもできます。
その方法の一つがマッチング拠出です。これは企業型確定拠出年金の中で企業の拠出する掛金へ自分も掛金を加えて上乗せして運用するという方法です。企業が拠出する金額は決まっているため、それに自分自身からもマッチングさせて拠出し、運用するのですから、金額はもちろん上がるのです。
企業側の拠出額だと、将来的に不安だと思う方もおられるでしょう。またもっと運用の際に金額が高い方が運用する意欲が沸くという方もいます。こうした方にはマッチング拠出という選択方法が最適です。

マッチングできないことも

マッチング拠出は運用の金額も高い上に、企業の拠出額だけでないための安心感が違うといったメリットが生じるものの、いくつかの問題点もあることをわすれてはいけません。
まずマッチング拠出するには上限があることを知るべきです。一つは企業が拠出する金額を自身が拠出する金額が超えないこと。例えば企業が2万円拠出するなら2万円以内の範囲でしか拠出できません。また企業と自身の掛金の合計が掛金拠出限度額を超えてはならないということです。
このマッチング拠出ですが、すべての企業型確定拠出年金を採用する企業ができるわけではありません。企業型確定拠出年金を採用しているもののマッチング拠出は採用していないという企業もあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る