企業型確定拠出年金の仕組みをおさらい

企業型確定拠出年金の制度

>

優遇措置とはどんなものなのか

利益は非課税になる

企業型確定拠出年金の最大のメリットは、企業型確定拠出年金で運用したことで得られた利益は非課税対象となることです。税金がかからないというのは大変お得なことです。
例えば金融商品を運用する時、運用した際には税金がかかります。また退職金を受けた場合、退職所得にも税金がかかることも。しかしこの企業型確定拠出年金では、一時金として受け取ればこの退職所得の控除として税金がかからないのです。もう一ついえば年金を受けるにも税金がかかりますが、こちらも公的年金の控除対象となることも。
納税は大切な国民の義務ですが、その納税が大きく弊害となることも多々あります。できれば節税できれば、将来の安心感も大きくなるもの。企業型確定拠出年金の使い方で税対策も可能となるのです。

運用方法を把握しておこう

企業型確定拠出年金には、元本確保型と価格変動型の二つの運用商品があります。定期預金や保険などは元本確保型と言われる商品。言葉の通りに元本を確保することが出来る商品ですが、コツコツと積み立てるタイプの商品のため、爆発的に運用する資産が増えるということは期待できません。
また価格変動の方はその逆です。投資信託などがこの価格変動型に該当する商品ですが、こちらは運用成績が良ければ大きく資産を増やすことが期待できます。ただし元本割れを起こすほど落ち込むことも予想されるものです。
どちらを選ぶか、またどのように運用するのかによって運用資産に変動の違いが生じるのはこの商品の違いによるもの。ここで将来の受取額に違いが生じてくるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る